スーツを着た男性

正社員で働くなら工場の正社員求人に応募

ブラック企業の見分け方。

考える男性

ブラック企業、それは労働者をぼろぼろにするまで働かせて、最後は使い捨てる恐ろしい企業のことです。
誰だってそんなところでは働きたくないものですが、皆さんはそんなブラック企業の見分け方をご存知でしょうか。
これからその見分け方をお教えしましょう。

まず最初に着目するべきことは、求人数です。
これは正社員、アルバイト、派遣、どの場合でも重要ですが、特に正社員の場合重要です。

正社員は普通一気に大量に雇うことは無いので、いきなり正社員を5人10人募集していたらかなり怪しいと言わざるを得ません。
会社の従業員数が1000以上いるなら、一気に10人の正社員を雇ってもおかしくないのですが、会社の従業員数が50人しかいないのに、5人10人正社員を雇うのは明らかにおかしいです。
もちろん事業の拡張のため、大量に人を雇う場合もあるでしょうが、基本的に従業員数が少ないのに、大量に人を雇おうとする会社は止めておいた方がいいです。

他にも頻繁に求人を出している会社は怪しいです。
人が定着していない可能性があります。
ハローワークで仕事を探す場合、職員に頼めば過去の求人記録を教えてもらえるので、それを聞いた上でその会社がブラック企業かどうか
判断した方がいいでしょう。

choices post

求人検索に対する要望など

ファイルを持った女性

アルバイトないしフルタイム正社員でも、やっぱり求人検索をおこなうのは「楽しい!」なんて思ってしまいますね。まあ、それもこれも自分が大黒柱ではないから言えることなのでしょう。そのことは重々承知して…

ブラック企業の見分け方。

考える男性

ブラック企業、それは労働者をぼろぼろにするまで働かせて、最後は使い捨てる恐ろしい企業のことです。 誰だってそんなところでは働きたくないものですが、皆さんはそんなブラック企業の見分け方をご…

バイトはネットで探そう。

メガネをかけた男性

バイトを探している人は、老若男女問わずに多いものです。そして、彼らを見てみると多くが求人雑誌でバイトを探しています。決してそれは間違っていることではなく、定番のバイトの探し方です。しかし、もっと…

求人募集を出していました

ガッツポーズ

昨日まで求人募集の貼り紙を出していました。そして面接に三人来てくれて、その中の一人を採用する事にしました。即求人募集の貼り紙は剥がしたのに、いまだに連絡が絶えません。「働きたいんですけど」「面接…